さいたまっぷ。

埼玉県の魅力を紹介します!

幻想的な光の世界へ

こんにちは!

ここ数日、一段と冷え込みが厳しくなりましたね。

風邪気味の方も多いのではないでしょうか。

今年はインフルエンザのワクチン不足も深刻なようです。

免疫力が下がらないように、からだを温めて過ごしてくださいね!

 

さて、11月も終わりが近づき、12月になれば冬本番です。

冬の景色といえばやっぱり、イルミネーション。

今回は毎年恒例、さいたま新都心のイルミネーションを紹介します!

 

JR大宮駅のひとつお隣、さいたま新都心駅

改札を出て右手には4棟の建物からなる巨大なショッピングモール「コクーンシティ」が、左手にはレストランが集い多くのイベントが催される「けやきひろば」が、そしてその奥には有名アーティストのライブやスポーツの試合などでおなじみの「さいたまスーパーアリーナ」が広がるこの駅は、毎日活気にあふれています。

 

そんなさいたま新都心の冬の名物が、イルミネーション。

コクーンシティとけやきひろばの両方で、11月初旬からバレンタインデーまで幻想的な景色が見られるのです。

 

今年のコクーンシティのイルミネーションのテーマは「PLANET COCOON」。

エリア全体を惑星に見立て、月の軌道をモチーフにした演出が行われる他、シンボルツリー周辺の水と音楽のショー、光とミストで森の中の滝をイメージしたシーンなど、工夫を凝らした演出が広がります。

 

 

f:id:ayumus-salv-3541:20171119220829j:plain

 

一方、けやきひろばに広がるのはブルーフラワーをテーマにした光と音の空間。

青と白、そしてシャンパンゴールドの光に彩られたたくさんのけやきの中に、パイプオルガンをイメージした天然木のシンボルオブジェが印象的です。

 

 

f:id:ayumus-salv-3541:20171119220902j:plain

 

 

輸入雑貨や欧州屋台料理、グリューワインなどがずらりと並ぶ「けやきひろばクリスマスマーケット」も、例年通り開催されます。(こちらは11/25から12/25まで。)

 

見どころ満載のイルミネーション、ぜひ足を運んでみてくださいね!

 

それではまた!

 

真っ赤な紅葉に囲まれて…

お久しぶりです!

壊れていたパソコンがようやくなおりました。

今月からまた、定期的に埼玉県の情報を更新していきます!

 

さて、11月にはいり、すっかり秋らしい澄んだ空が広がるようになりましたね。

そんな青空の下で楽しみたいのはやっぱり真っ赤な紅葉。

今回は広い公園で存分に秋らしさを堪能できる、紅葉スポットを紹介します!

 

 

東武東上線森林公園駅から大正大学または熊谷駅南口行きのバスに乗って数分、東京ドームおよそ65個分の広大な敷地を有する「国営武蔵丘陵森林公園」は、500本ものカエデ(モミジ)が集まる紅葉スポットとして有名です。

カエデの種類も20種類とバリエーションに富み、様々な表情のカエデを楽しむことができます。

 

 

f:id:ayumus-salv-3541:20171105223503j:plain

 

 

味わい深い景色を楽しめるのは、青空の下だけにとどまりません。

夜間にはライトアップも実施され、公園内の自然を最大限に活かしたアートイルミネーションが、昼間とはまたちがった幻想的な雰囲気を味わわせてくれます。

芝生広場にできる『森の湖』には海賊船が登場するなど、楽しい仕掛けが満載。

ライトアップ実施期間中は夜間に無料シャトルバスも運行しているので、ぜひ利用したいですね。

 

 

f:id:ayumus-salv-3541:20171105223527j:plain

 

 

突然ですが、秋から始まる恋は長続きしやすいという説があるのをご存知ですか?

イベントが多く、頻繁に顔を合わせやすいシーズンであるだけでなく、夏との服装の変化が見られること、人肌恋しくなる季節であること等が理由だそう。

真偽のほどは定かではありませんが、この秋は意中のお相手を誘って、のんびり紅葉狩りに出かけてみてはいかがでしょうか。

 

それではまた!

 

 

『風が語りかけます』

こんにちは!

 

早いもので、9月も終盤に差し掛かりました。

朝夕の肌寒さにも少しずつ慣れてきたところでしょうか。

 

10月をむかえればいよいよ秋本番!

食に勉学、スポーツ、芸術と、存分にこの季節を満喫したいですね。

 

 

さて、今回のタイトルをみてピンときた方は、どのくらいいらっしゃるでしょうか。

実はこのフレーズ、埼玉県民ならだれもが知る有名なコマーシャルのセリフなのです!

 

ということで今日は、埼玉県銘菓「十万石まんじゅう」を紹介します。

 

 

十万石まんじゅうは、行田市にある老舗和菓子店「十万石ふくさや」の原点ともいえる和菓子であり、終戦直後に創業して以来、埼玉銘菓として親しまれてきました。

 

厳選した小豆やザラメ糖を使用した上品な甘さのあんと、高級料亭などでしかお目にかかれない高価な山芋「国産つくね芋」の風味を活かした皮は、老若男女問わず愛されています。

 

こだわり抜いた材料はもちろんですが、十万石まんじゅうが愛されるもう一つの大きな要因は、ずばりそのキャッチコピーにあります。

 

埼玉県のローカルテレビ局「テレビ埼玉」で放送されているコマーシャルの「風が語りかけます」「うまいうますぎる」「十万石まんじゅう」という印象的なフレーズは人気の火付け役となり、十万石まんじゅうは一躍有名になりました。

 

このキャッチコピーは、「埼玉県民を見破る言葉」などとして度々メディアにもとりあげられ、話題となっています。

 

埼玉県民に愛される名物和菓子、ぜひ一度お試しあれ。

 

 

パソコンの不具合で今回は写真がアップできませんでした。

ごめんなさい!

 

それではまた!

 

 

楽しいムーミンの世界へ~トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園~

こんにちは!

 

9月に入り、ひんやりとした風や空の高さに秋のおとずれを感じますね。

何かと不安なニュースも多いこの頃ですが、心穏やかに秋らしさを楽しみたいものです。

 

さて、今回は飯能市のかわいらしい公園を紹介します!

 

西武池袋線元加治駅」から20分ほど歩くと見えてくる『トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園』。

タイトルからお察しの方も多いかと思います。

そう、こちらの公園は、世界中から愛される北欧生まれのキャラクター、ムーミンの世界をモチーフにしたものなのです。

 

f:id:ayumus-salv-3541:20170905235727j:plain

 

自然に囲まれた心落ち着く景色が印象的なこちらの公園ですが、最大の特徴はブランコやすべり台などの遊具がないこと。

子どもたちは、フィンランドの森をイメージした自然の中で、自由に遊びまわることで、創造力を養うんだとか。

 

 

 

 

園内の遊歩道や、小さなおうち、小屋の中など、ひとつひとつがムーミン童話の世界観を思わせ、子どもはもちろん、大人も何だかわくわくした気分になれそう。

 

 

 

 

 

園内での遊び方を案内してくれるスタッフ(プレイリーダー)が常駐しているのも、安心です。

 

 

あけぼの子どもの森公園では、毎月プレイリーダーが考えたイベントが開催されています。

内容はホームページからチェックすることができますよ!

 

 

ところでこちらの施設は、ムーミンの世界を「モチーフにした」公園ですが、2019年春には、ムーミン谷を再現した『ムーミンバレーパーク』も飯能市で開業するとのこと。

こちらも楽しみですね!

 

 

なつかしい童話の世界へ誘ってくれる自然豊かな公園、ぜひ足を運んでみてくださいね。

 

それではまた!

 

 

 

 

 

 

こんにちは!

 

先週の涼しさが嘘のように暑い日が続いていますが、みなさんお元気ですか。

 

そんな残暑のきびしいこの頃ですが、8月も残すところあと6日。

9月なれば気分はすっかり秋、という方も多いのではないでしょうか。

 

秋といえばやっぱり「食欲の秋」!

ということで、今回はボリュームたっぷりなステーキのお店を紹介します。

 

西武新宿線 本川越駅の東口から徒歩3分のところにある『STEAK&BAR モンスタービーフ』

今じわじわと話題になっているこちらのお店、ボリューミーな熟成肉をリーズナブルに堪能できる、肉好きにはたまらないお店なのです。

 

お店自慢の一品は、名物の「モンスタープレート」。

炭火焼きステーキに加え、巨大な熟成肉の塊をこれでもかと盛り付けたプレートは、見た目のインパクトも絶大です。

切り分けてシェアしたり、そのまま豪快にかぶりついたりと、味わい方は自由自在。

 

f:id:ayumus-salv-3541:20170825212016j:plain

 

内装はとってもおしゃれで、大人数での貸し切りや、お酒を楽しみながらのお食事、小さなお子様を連れての来店など、様々な楽しみ方ができるのもうれしいですね。

 

お肉好きのあなた、ボリューム満点の熟成肉を堪能しに、川越まで足を運んでみませんか?

 

それではまた来週!

 

 

 

埼玉のB級グルメ『ゼリーフライ』って!?

こんにちは!

 

先週までの暑さとは打って変わって、涼しい日が続いていますね。

雨が降ったり止んだりと傘の手放せないお天気ですが、いかがお過ごしでしょうか。

 

さて、今日は様々なメディアにも取り上げられてきた埼玉県行田市B級グルメゼリーフライ』を紹介します!

 

f:id:ayumus-salv-3541:20170818223725j:plain

 

タイトルを見てぎょっとした方も多いはず。

これほどまでにインパクトが強く、同時にどんな食べ物なのか想像もつかないグルメというのも、珍しいのではないでしょうか。

 

名前を聞いただけで「何それ!食べたくない!」と思ったそこのあなた、安心してください。

ゼリーフライは、ゼリーのフライではありません。

 

その正体はなんと、ヘルシーなおからコロッケなのです。

 

 

f:id:ayumus-salv-3541:20170818223841j:plain

 

ジャガイモとおからを小判型にととのえて衣をつけずに揚げ、ソースをかけていただくこのシンプルで素朴なコロッケは、中国東北地方の野菜まんじゅうにヒントを得たと言われています。

明治時代後期から長い間、庶民のおやつとして愛されてきました。

 

こんな奇妙な名前がついた訳には諸説ありますが、その形状から「銭フライ」→「ゼニーフライ」→「ゼリーフライ」となったというものが有力です。

 

多くのメディアから注目され、2011年にはあのヤマザキランチパックとのコラボレーションもかないました。

 

 

名前のインパクトとは相反する素朴でどこか懐かしい埼玉のB級グルメ行田市にお越しの際はぜひとも味わってみてくださいね!

 

それではまた来週!

 

 

 

 

自然に学ぶ『三富今昔村』

こんにちは!

 

毎日暑いですね。

これだけ暑いと外に出るのも億劫になってしまいます…。

 

熱中症に注意しつつ、クーラーに飼いならされた生活にならないように、注意したいですね。

 

ということで、今回は自然豊かな里山で様々な体験ができる「三富今昔村」を紹介します!

 

f:id:ayumus-salv-3541:20170811202346j:plain

 

 

入間郡三芳町にある三富(さんとめ)は、江戸時代にひらかれてから長い間、多様な生態系をもつ里山として、人々と共存していました。

やまゆりの花が群生するその美しい雑木林は、「ヤマ」と呼ばれ、親しまれたそう。

 

ところが時代の流れとともに「ヤマ」のありがたみは忘れられ、里山にはゴミが散乱するように。

生物もどんどん減っていきました。

 

「このままではいけない。」と行動を起こしたのは地域の方々。

 

不法投棄されたゴミを拾うことからはじめ、現在では生物多様性の高い里山に復元されました。

 

 

そして今、ここ三富今昔村では、人と自然と技術の共生を考え、学ぶ「環境教育フィールド」として、若い世代へ里山の新しい価値を伝える活動がなされています。

 

農業体験や、収穫した作物の調理体験、森の生物観察、リサイクル工場見学、廃材クラフト体験などなど…

普段の生活ではなかなか目にすることのない自然や、循環型社会のあり方を学ぶことができます。

 

f:id:ayumus-salv-3541:20170811202409j:plain

 

お子さんの自由研究にぴったりなのはもちろん、大人でも新たな発見がたくさんありますよ。

 

三富今昔村で豊かな自然に癒されながら、これからの社会のあり方について、考えるきっかけになったらいいですね!

 

 

それではまた来週!