さいたまっぷ。

埼玉県の魅力を紹介します!

埼玉のB級グルメ『ゼリーフライ』って!?

こんにちは!

 

先週までの暑さとは打って変わって、涼しい日が続いていますね。

雨が降ったり止んだりと傘の手放せないお天気ですが、いかがお過ごしでしょうか。

 

さて、今日は様々なメディアにも取り上げられてきた埼玉県行田市B級グルメゼリーフライ』を紹介します!

 

f:id:ayumus-salv-3541:20170818223725j:plain

 

タイトルを見てぎょっとした方も多いはず。

これほどまでにインパクトが強く、同時にどんな食べ物なのか想像もつかないグルメというのも、珍しいのではないでしょうか。

 

名前を聞いただけで「何それ!食べたくない!」と思ったそこのあなた、安心してください。

ゼリーフライは、ゼリーのフライではありません。

 

その正体はなんと、ヘルシーなおからコロッケなのです。

 

 

f:id:ayumus-salv-3541:20170818223841j:plain

 

ジャガイモとおからを小判型にととのえて衣をつけずに揚げ、ソースをかけていただくこのシンプルで素朴なコロッケは、中国東北地方の野菜まんじゅうにヒントを得たと言われています。

明治時代後期から長い間、庶民のおやつとして愛されてきました。

 

こんな奇妙な名前がついた訳には諸説ありますが、その形状から「銭フライ」→「ゼニーフライ」→「ゼリーフライ」となったというものが有力です。

 

多くのメディアから注目され、2011年にはあのヤマザキランチパックとのコラボレーションもかないました。

 

 

名前のインパクトとは相反する素朴でどこか懐かしい埼玉のB級グルメ行田市にお越しの際はぜひとも味わってみてくださいね!

 

それではまた来週!

 

 

 

 

自然に学ぶ『三富今昔村』

こんにちは!

 

毎日暑いですね。

これだけ暑いと外に出るのも億劫になってしまいます…。

 

熱中症に注意しつつ、クーラーに飼いならされた生活にならないように、注意したいですね。

 

ということで、今回は自然豊かな里山で様々な体験ができる「三富今昔村」を紹介します!

 

f:id:ayumus-salv-3541:20170811202346j:plain

 

 

入間郡三芳町にある三富(さんとめ)は、江戸時代にひらかれてから長い間、多様な生態系をもつ里山として、人々と共存していました。

やまゆりの花が群生するその美しい雑木林は、「ヤマ」と呼ばれ、親しまれたそう。

 

ところが時代の流れとともに「ヤマ」のありがたみは忘れられ、里山にはゴミが散乱するように。

生物もどんどん減っていきました。

 

「このままではいけない。」と行動を起こしたのは地域の方々。

 

不法投棄されたゴミを拾うことからはじめ、現在では生物多様性の高い里山に復元されました。

 

 

そして今、ここ三富今昔村では、人と自然と技術の共生を考え、学ぶ「環境教育フィールド」として、若い世代へ里山の新しい価値を伝える活動がなされています。

 

農業体験や、収穫した作物の調理体験、森の生物観察、リサイクル工場見学、廃材クラフト体験などなど…

普段の生活ではなかなか目にすることのない自然や、循環型社会のあり方を学ぶことができます。

 

f:id:ayumus-salv-3541:20170811202409j:plain

 

お子さんの自由研究にぴったりなのはもちろん、大人でも新たな発見がたくさんありますよ。

 

三富今昔村で豊かな自然に癒されながら、これからの社会のあり方について、考えるきっかけになったらいいですね!

 

 

それではまた来週!

氷川参道に輝く『「夢の力」イルミネーション』

こんにちは!

 

8月に入り、雨が降ったり地震が多かったりと落ち着かない日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。

夏バテなどで体調を崩しやすいこの時期、睡眠をしっかりとって体を労わってくださいね!

 

さて、今回はそんな夏真っ盛りのうっとうしい暑さも忘れる、美しい夏のイルミネーションを紹介します!

 

f:id:ayumus-salv-3541:20170804161815j:plain



JR大宮駅から徒歩15分、若者が行き交う繁華街のなかに突然あらわれる「武蔵一宮  氷川神社」。




厳かな鳥居が印象的なこちらの神社は、埼玉県近辺に280社ほどある氷川神社の総本社であり、その境内は強力なパワースポットとしても有名です。



f:id:ayumus-salv-3541:20170804161843j:plain

 

初詣の参拝者数は全国でもトップであり、寒空の下たくさんの方が約2㎞にもおよぶ長い参道に何時間も並んで参拝します。

 

 

そんな氷川神社で今年6月から開催されている話題のイベントが、この『「夢の力」イルミネーション』。

神社の入り口から約30mにもわたって続く7色のトンネルが、夏の夜空を鮮やかに彩ります。

 

8月31日までは県内の学生が作成した約50枚のアートパネルが展示される『「夢の力」キャンパス』も開催されています。

 

冬のイメージが強いイルミネーションですが、この夏は氷川神社の強力なパワーを感じながら、幻想的な光の芸術を楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

それではまた来週!

 

 

イベントいっぱい!東武動物公園

こんにちは!

 

気づけば7月も残すところあと5日。

まだ夏休みを迎えていない大学生は、あとひと踏ん張り、頑張ってくださいね!

 

 

さて、今日は東武動物公園の夏のイベントを紹介します!

 

南埼玉郡宮代町にある『東武動物公園

耳にしたことのある方も多いのではないでしょうか。

 

その名の通り、全120種類1200頭の動物が飼育されている動物園であり、全国でも珍しいホワイトタイガーを見ることができることで有名ですが、ただの動物園ではありません!

人気の絶叫マシーンや期間限定のお化け屋敷を楽しめる遊園地に、季節ごとに景色を変える『花と植物の広場』、そしてプールやイルミネーションまでもを満喫することができる、ハイブリッドレジャーランドなのです!

 

東武動物公園では毎年様々なイベントが催されています。

 

今年の夏のイベントは『サマーナイトzoo』

 

f:id:ayumus-salv-3541:20170728225014j:plain

日中とは一味違った、思い出に残る体験ができるイベントとなっています。

 

普段とは違った姿を観察できる「夜の動物園散策」や、日本に古くから伝わる動物の妖怪を題材にした紙芝居、音楽に合わせて2000発もの花火が打ちあがる「花火イリュージョン2017夏」、500匹のホタルが作りだす幻想的な風景を楽しめる「ホタルの小径」などなど、貴重な体験ができるイベントが目白押し。

 

また、中央レストラン横では、国内外の様々なビールや、ボリューム満点の肉を堪能できる「にく肉ビールまつり」も開催されています。

お子さんだけでなく、大人も楽しめるのもうれしいですね!

 

天候次第で中止となるイベントもありますので、事前にホームページ等でご確認ください。

 

様々な楽しみ方ができるハイブリッドレジャーランド、この機会にぜひ遊びに来てみてはいかがでしょうか。

 

 

また来週!

 

 

 

ラフティングツアー

こんにちは!

 

地域によってはそろそろ夏休みを迎える頃かと思います。

皆さん、夏の予定はもう立ててありますか?

 

今日は、夏らしいスリル満点のアウトドアを楽しみたい方必見、長瀞のラフティングを紹介します!

 

 

f:id:ayumus-salv-3541:20170721212707j:plain

 

ラフティングという言葉、耳馴染みのない方も多いかもしれません。

 

ラフティングとは、8人乗りの特殊なゴムボートに乗って急流を下る、スリリングなアウトドアツアーのこと。

 

流れの緩やかなところでは、豊かな自然をのんびり楽しむこともでき、全国各地で人気を集めています。

 

 

f:id:ayumus-salv-3541:20170721212725j:plain

 

そんなラフティングツアーを楽しめるのが、秩父郡長瀞町

 

長瀞といえば、ライン下りで有名です。

 

ライン下りは船頭が漕ぐ船に乗って急流を下るのに対し、ラフティングは自分たちでボートを漕ぎます。

 

乗り合わせた8人で一緒に漕ぐことで、初対面の人とでも意気投合できるのが、ラフティングの魅力のひとつです!

 

長瀞には様々なラフティングツアーがあり、送迎バスやクーポンなど、たくさんのサービスが提供されています。

 

それぞれのご都合に合わせて、お得に人気のサマーレジャーを楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

 

それではまた!

『浦和のうなぎ』

こんにちは!

 

ここ数日、全国各地で35度以上の気温が観測されています。

猛暑で夏バテ気味の方も多いのではないでしょうか。

これからまだまだ暑さの加速しそうなこの時期、しっかり体調を整えておきたいですよね。

 

 

実は、夏バテ解消の代表格ともいえる鰻(うなぎ)は、さいたま市浦和区の名産品だって、知ってましたか?

 

ということで、今回は「浦和のうなぎ」を紹介します!

 

 

f:id:ayumus-salv-3541:20170713234752j:plain

 

 

時を遡ること400年余、中山道の宿場町として栄えた江戸時代の浦和周辺には沼地が多く、たくさんの良質な鰻が生息していました。

 

その鰻を蒲焼きにし、往来する客に振る舞ったのが、「浦和のうなぎ」のはじまり。

 

諸説ありますが、鰻の蒲焼きは浦和発祥であるとも言われています。

 

他の地域の蒲焼きとは少し違って、蒸す前に、調味料をつけずに軽く焼く「白焼き」という手間を加えることで、ふわふわとした食感と旨味を味わうことができるのが、浦和のうなぎの特徴です。

 

 大正時代に入ると、開発により沼地が激減し、地元で獲れた鰻を使用することはかなわなくなりましたが、地域の方々の努力によって、技術は継承され続けています。

 

 かの有名な、やなせたかしさん作のイメージキャラクター、「浦和うなこちゃん」は、浦和区観光大使でもあります。

 

↓かわいいでしょ?笑

f:id:ayumus-salv-3541:20170713234718j:plain

 

 

2017年の7月以降の土用の丑の日は、725,86,1029日。

 

 最近お疲れ気味のあなた、ぜひ浦和自慢のうなぎを食べて、暑い夏を乗り切りましょう!

 

 

また来週!

7月 花火大会特集!!

こんにちは!

 

早いもので、気づけば2017年も下半期に突入しました。

夏真っ盛りの気温が続いていますね。

 

夏といえばやっぱり花火!

 

f:id:ayumus-salv-3541:20170707203426j:plain

 

そこで、今回は7月に開催される埼玉県内の花火大会を一気に紹介します!

 

 秩父川瀬祭花火大会

開催日:719日(水)

最寄駅:秩父鉄道 秩父駅

秩父市にある秩父神社で行われる川瀬祭に合わせて開催されます。

いくつもの種類の花火を組み合わせて短時間に大量の玉を連続して打ち上げる、「スターマイン」と呼ばれる花火が見どころです。

 

 

 

69回 小川町七夕まつり花火大会

 開催日:722()

 最寄り駅:JR八高線 小川町駅

 

毎年恒例の七夕まつり。スターマインや尺玉など

バラエティー豊かな花火はもちろん、美しい竹飾りの中でのよさこい踊りや、名物の手漉き和紙の実演なども行われます。

 

 

入間基地納涼祭「盆踊りと花火の夕べ」

 開催日:726()

 最寄り駅:西武池袋線 稲荷山公園駅

 

狭山市にある航空自衛隊入間基地でおこなわれる恒例の納涼祭。盆踊りのあと、華やかなスターマインが基地上空を彩ります。

 

 

平成29年度 越谷花火大会

 開催日:729()

 最寄り駅:東武スカイツリーライン越谷駅

 

葛西用水に沿って多くの露天が立ち並び、中州で花火の打ち上げがおこなわれます。5000発の花火を臨場感たっぷりに味わえます。

 

平成29年度 さいたま市花火大会 大和田公園会場

 開催日:730()

 最寄り駅:東武アーバンパークライン大宮公園駅

 

3つの会場を使用し、3回に渡って行われる「さいたま市花火大会」は、関東屈指の規模の花火大会と言われています。そのオープニングを飾るのがこちらの会場。見晴らしの良さがポイントで、様々な角度から花火を楽しめます。

 

 

それぞれ違った魅力に溢れる5つの花火大会。

ぜひ足を運んで、存分に夏を味わってくださいね!

 

 

 

また来週!